Honeyholic

甘いブログ名とは裏腹な何気ない日常と
よきものたちの紹介


2017:August

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 << >>

2006.12.25 Monday

 スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

2006.12.25 Monday

 M-1グランプリ2006 

またまた久しぶりの更新です。
M-1グランプリの感想を書くにあたり、
mixiよりこちらの方が自由にものが言えそうだと判断したため、
去年に引き続きこちらで感想を書き殴らせていただきます。

もちろん、一個人の趣味嗜好に照らし合わせての判断ですので、
全部が全部ほめ言葉になってませんが、
そのへんは寛容な心でご容赦頂けたらと。

今年の決勝出場者は以下8組。
1.POISON GIRL BAND
2.フットボールアワー
3.ザ・プラン9
4.麒麟
5.トータルテンボス
6.チュートリアル
7.変ホ長調
8.笑い飯
に加え、敗者復活戦勝ち抜きの
ライセンス

まず、ネタ見る前の予想としては、
今年は麒麟か笑い飯がさすがに優勝するだろうなと。
あと、プラン9にがんばってほしいな、という感じでした。

で、実際に決勝出場者の作品を見ての感想は以下の通りです。
1.POISON GIRL BAND
ローテンポな漫才は一昨年と変わりませんでしたが、
前回よりおもしろくなっていました!
バックでマヨネーズ「ネッチャネッチャネッチャネッチャ」はちょっときました。
あと、マグロチューブトップ。噛ませるもおもしろかった。
でも、つっこんでほしいポイントでつっこまないのがもどかしかったです。

2.フットボールアワー
元王者の再挑戦。というふれ込みのわりに、
ネタは何年も昔に作ったものの使いまわし。
新作で挑んでほしかったです。
最初のつっこみ入れないところが間延びした気がしたのですが、
後半のたたみ込みは秀逸でした。

3.ザ・プラン9
M-1史上初5人漫才。
私自身もプランの漫才は初見で楽しみにしてました。
漫才を2人より多くの人数でやると、こういう形態になるのかと感心した反面、
あのネタを必ず5人でしなければいけない絶対的な必要性が感じられず、
おもしろかったのですが、物足りなかったです。
プランの本領は漫才じゃなくてコントにあると思うので、
これはこれでいいのかなという気がします。

4.麒麟
ここ2、3年同様きれいにまとまった漫才なのですが、
私自身が麒麟に期待しているのは2001年のときの
漫才feat.小説の要素を見たときの「あの」衝撃ですので、
今年も少しガッカリしてしまいました。
もちろん、おもしろかったんですけどね!
今年も田村のアドリブ心の叫びが響きました。
オチもきれいに決まってました。

5.トータルテンボス
ハンパねぇでくるかと思いましたが、封印してきました。
トータルテンボスの強みはつっこみの言葉の選び方が秀逸なところだと思います。
なんというか、空知的なつっこみ。銀魂読んでる気分になりました。
とは、いうものの、麒麟の後に見てしまうと
漫才の総合力の違いを嫌でも比べてしまうことに…。

6.チュートリアル
完全にもっていかれました。
去年のバーベキューネタはうざさがありましたが、
今年のネタは徳井さんが描き出す非日常的日常の世界に
片足をつっこめたので違和感なく見れたのだと思います。

7.変ホ長調
アマチュアとあってもちろん初見だったのですが、おもしろかったです。
ネタのひとつひとつが業界人ではできない際どいネタが多く
見ててスッキリさせてもらったのですが、
なんせ山がなくフラットに展開するもんだから、
最初に持ってきたネタで落としてるのに、落ちてない気分に。

8.笑い飯
正直ネタを見たときに麒麟負けたと思ったくらいおもしろかったです。
審査員の方々も口をそろえてスロースターターと言ってましたが、
エンジンかかってからの盛り上げ方は尋常じゃなくうまかったと思います。
去年や2003年の落とし方を見てしまってるので、
今年のオチも十分きれいだったのですが、なんとなく残念感が残ってしまいました。

ライセンス
この人たちのネタも見たことがなく、
麒麟のファイナル進出がこの人達次第ということもあり、
ドキドキしながらみてました。
ネタはドラえもんパロ。
ネタのおもしろさはありましたが、
審査員受けという点では微妙だったのかもしれません。
大人向けドラえもんとかおもしろかったですけどね。

上記9組からファイナルに進んだのは
上から順にチュートリアル、フットボールアワー、麒麟。
なんというか、堅い面子が揃った感があります。
ファイナルは麒麟、フット、チュートリアルの順。
2番を選んだフットにちょっと失望。
そこはあえて1番を選んでおくのが男ではないのかと。

1.麒麟
今年は去年ほど空回ってはいなかったけど、
2人とも緊張のせいか噛みすぎなのが惜しかったです(^^;
ネタはファーストラウンドと同じく、実況ネタ。
現地人のくだりがおもしろかったです。
iPodの音漏れは爆笑させてもらいました。

2.フットボールアワー
店員ネタ。
取り皿ネタおもしろくないのに、重ねすぎてて重かったです。
あと、岩尾が声をはる店員の設定とはいえ、どなりすぎ。
ずっと聞いてたら疲れてしまいました(^^;
店員ネタだったらファミレスの店員ネタのほうがおもしろいと思うのですが、
あれは2002年のM-1でやったんだっけ?

3.チュートリアル
ファーストラウンドと同じく、
徳井さんの非日常的日常な世界が最初から最後まで
福田(=世間一般)と並行して進むネタ。
このネタもぐっと徳井さんの世界に引き込まれました。
途中で、チリンチリンなくしたら毎日酒飲んでもしょうがないわ、
行きずりの女抱くのもしょうがないわ、と一瞬思わされるくらいの引き込まれようでした。

結果は満場一致でチュートリアル優勝。
納得いく結果でした。
今年は全体的にレベルが高かったので、
番組全体を見てておもしろかったです。


2006.12.25 Monday

 スポンサーサイト 

Comment

top▲

Form





top▲

Trackback

URL:http://ali.jugem.cc/trackback/370

チュートリアルM-1グランプリ優勝!

圧巻の強さでチュートリアルが優勝しました!!チュートリアルは、徳井義実と福田充徳によるお笑いコンビ。吉本興業大阪本部所属。1998年3月結成だす徳井義実(とくいよしみ)ボケ担当。立ち位置は向かって左。 福田充徳(ふくだみつのり)ツッコミ担当。立ち位...

チュートリアルM-1グランプリ優勝!

圧巻の強さでチュートリアルが優勝しました!!チュートリアルは、徳井義実と福田充徳によるお笑いコンビ。吉本興業大阪本部所属。1998年3月結成だす徳井義実(とくいよしみ)ボケ担当。立ち位置は向かって左。 福田充徳(ふくだみつのり)ツッコミ担当。立ち位...

M−1チュートリアル優勝オメデトウ

2006年M−1決勝チュートリアル優勝1000万オメデトウだ 1.POISON GIRL BAND・関西TVで漫才の放送が無く 1年ぶりぐらいに見たが面白けど1番手は厳しい感じだった 2.フットボールアワー・・1度優勝して2回目の挑戦だけど 得意の

M−1チュートリアル優勝オメデトウ

2006年M−1決勝チュートリアル優勝1000万オメデトウだ 1.POISON GIRL BAND・関西TVで漫才の放送が無く 1年ぶりぐらいに見たが面白けど1番手は厳しい感じだった 2.フットボールアワー・・1度優勝して2回目の挑戦だけど 得意の

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

-

管理者の承認待ちトラックバックです。

top▲