Honeyholic

甘いブログ名とは裏腹な何気ない日常と
よきものたちの紹介


2017:December

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 << >>

2006.12.25 Monday

 スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

2005.12.25 Sunday

 M-1グランプリ2005 

今年もM-1グランプリが終わりましたね。
出場コンビは
1.笑い飯
2.アジアン
3.南海キャンディーズ
4.チュートリアル
5.ブラックマヨネーズ
6.品川庄司
7.タイムマシーン3号
8.麒麟
に加え、敗者復活で上がってきた
9.千鳥
の9組でした。

番組見る前の個人的な見解としては以下の通りでした。
がんばってほしいし応援してるのは麒麟。
でも麒麟はファイナルにはいっても1位にはならない
堅いのは笑い飯か南海キャンディーズ。


では、実際に番組を見ての簡単な感想を
コンビごとにどうぞ。

1.笑い飯
去年は優勝候補と言われ、本人達も調子に乗ったのか、
いい結果が出なかったのですが、
今年は屈辱をはらす側なので、油断がまったくありませんでした。
ただ1番ということでものすごい緊張してました。
その緊張たるやテレビ越しにこっちまで伝わるほどでした。
靴がないシチュエーションでのWボケ漫才はとてもおもしろく
とりわけ最初にふったネタが最後に戻ってきて
くるっと丸を描いたような展開で美しかったです。

2.アジアン
申し訳ないのですが初めてネタを見ました。
売りのブサイクネタをいかんなく発揮したネタでしたね。
うまかったしおもしろかったのですが
私あまりブサイクネタとかデブネタ、ハゲネタって
そんなに好きじゃないんです。
でもボンキュッボンが顔っていうのはうまい発想だと感心しました。
あと早口言葉ネタで早口言葉かまなかったのはすごいと思います。
めっちゃ練習したんでしょうね。

3.南海キャンディーズ
今回の優勝候補の1組だったのが南キャン。
でも正直去年のほうがおもしろかったかなぁと。
私、去年のあの猛獣(しずちゃん)と猛獣使い(山ちゃん)的な
2人の関係結構好きだったんですけどね(^^;
でも去年と同じ路線でいってもバリエ少ないと言われそうだから
今回の南キャンは正直不利ですよね。
おねえさんネタはちょっとひっぱりすぎなうえ
南キャンがセクシャルなネタをするのは
なんだかなぁという気がします。

4.チュートリアル
本当に申し訳なかったのですが
ネタより徳井さんの顔にばっかり注目してました。ごめんなさい。
かっこいい!とミーハーな感じではなく
顔のかっこよさの理由みたいなのを考察してました。
これだから友達に「物の見方がオタク」と言われるんだ。
ネタは私はあまりおもしろさを共有できませんでした。
シュールはシュールなんだけど
なんか私の好きシュールとは違いました。

5.ブラックマヨネーズ
決勝8組が発表された時点で、
ブラマヨは一番びっくりなコンビでした。
だってかなり関西限定っぽい感じだし!
でもネタはものすごくおもしろかったです。
ボーリングの話から事故の話への展開、
ラストのたたみかけが見事でした。

6.品川庄司
すみません、この人らバラエティに染まって
漫才できないんじゃないの?と疑ってました。
素直に言うとおもしろかったです。
この2人のネタも後半の展開がうまかったです。
10年目の意地がにじみ出てたいいネタでした。

7.タイムマシーン3号
いわゆる麒麟枠から出てきたコンビ。
もちろん私も知りませんでした。
テンポはよかったのですが、いかんせんデブネタばかりで
アジアンのところで言ったように
ブス、デブ、ハゲネタがあまり好きではない私は
なまぬるーく見てました。

8.麒麟
私は麒麟が好きなので、もちろん麒麟を応援してたのですが
開始後1分くらいはとても嫌な予感を持ちながら見ていました。
好きだけどおもしろいかおもしろくないかくらいの分別は
きちんとつきますからね。
でも、後半の田村さんが川島さんを馬面って言い始めたあたりから
どんどんおもしろくなってきました。
(ブスはダメだけど馬面はいいという微妙なライン)
ヒン馬のヒンは貧だというのはうまいなぁと思いました。
今日有馬記念もあっただけに時事ネタですよね。
ただ残念だったのがオチの部分で
ニュース速報に気を取られたことです。
あのタイミングは悪すぎです(^^;

9.千鳥
敗者復活枠は千鳥でした。
やっぱりM-1は麒麟、笑い飯、千鳥の3組が出てなきゃ!
ネタは幕末ごっこネタ。
千鳥ってこういうの好きよね。
去年もファンタジーみたいなんのゴッコだったし。
太松のセリフを使った展開はうまいと思いました。
千鳥ってこんな展開させるコンビでしたっけ?
株上がりましたよ!

で、ファイナルに出たのは
ブラックマヨネーズ、麒麟、笑い飯
の3組。
麒麟、笑い飯、ブラマヨという順でのファイナルになりました。

1.麒麟
1回目で川島さんのテンションが振り切れちゃったのか
2回目では少々暴走してたように思います(^^;
しかもネタのチョイスも微妙…。
もうちょっとおもしろいネタもあったろうに…。
1回目では川島さんの喧嘩腰がうまく機能してたのですが
2回目は空回り気味で喧嘩腰というか罵倒でした。
正直麒麟にはそんなことで笑いを取ってほしくないです。
あと、決め台詞「麒麟です」を「忘れてた」と言って
ネタの途中でいってしまい、そのまま次のネタにいってしまったので
初めのネタが宙ぶらりんになってしまった感がありました。
わざとなのかもしれませんが、
それならそれでもっとやりようがあると思います。
私は電話出た時点で「麒麟です」って言うのかと思ってました(^^;
そこで話の腰を折られたみたいになって失速しちゃったかなというのが
正直な感想です。
うーん、もったいない(><

2.笑い飯
誕生日の歌ネタ。
笑い飯にはボケの応酬を期待してただけに
このネタは少しパワー不足が否めない気がしました。
また誕生日の歌を歌う間に少し間延びする気もしました。
でも、おもしろかったです!
2人のマリリン・モンローは気持ち悪かったです(笑
しかし、GJです。
去年の雪辱は晴らしたと思います。

3.ブラックマヨネーズ
からまれたらどうしようネタ。
もうネタ見てるときにはブラマヨ優勝だなーと思えるくらい
おもしろかったです。
相撲の押し出しネタが本当におもしろかったです!
でも、梅田〜難波〜堺は大阪以外の人にはぴんとこなさそうですよね。
あと熊と戦うところでやられたなーと思いました。
持っていかれました。

結果はブラックマヨネーズ4、笑い飯3で
ブラックマヨネーズが優勝でした。
ブラマヨのネタ見た時点でブラマヨ優勝を確信しました。
意外だったのは得票差。
もっとブラックマヨネーズの圧勝かと思いましたが
思ったより笑い飯票入りましたね。

総論
ブラマヨ優勝は放送前の予想と反する点では意外、
でもネタを見れば納得の優勝でした。
麒麟の結果はドンピシャで当たり
(いい意味で予想が外れてほしかった…)
2003年、アンタッチャブルがファイナルで得票0で
翌年優勝してましたから
麒麟もそれにならって来年優勝するといいよ。
でも、麒麟はもうM-1史上に麒麟枠という名前を残してるから
それだけですごいと思いますけど…(笑
笑い飯も2位と結構予想と近かったと思います。
意外だったのは南海キャンディーズ。
結成からまだ日が浅い方だと思うので
来年もがんばってもらいたいです。

余談ではありますが
大竹まことが「オーソドックスが嫌い」と言ってましたが
なんかものすごく納得してしまいました。
シティボーイズは見たことないですが
GBLがシティボーイズなしで説明するのが難しいとのことなので
方向性としてはラーメンズと似たものがあるのでしょう。
だとしたら、「オーソドックスが嫌い」は
大変説得力のあるものだと思いました。

2006.12.25 Monday

 スポンサーサイト 

Comment

TBありがとうございました。
ハチミツ中毒て、まさか東京ダイナマイトのハチミツ次郎さん中毒ではないでしょうけど^^

面白かったですね。
ブラックマヨネーズには正直やられたって感じです。

>ほさん
コメントありがとうございます<(_ _)>
ハチミツ中毒は予想通りハチミツ次郎さんではないですが
ハチミツ次郎さんのトークは嫌いではありません(^^

M-1おもしろかったですよね。
ほんとやられましたね(^^;

top▲

Form





top▲

Trackback

URL:http://ali.jugem.cc/trackback/307

M-1グランプリ2005勝手に総評

いやぁ。見ていた私もドキドキしてしまいました。今年のM-1グランプリブラックマヨネーズが優勝したときは涙が出ましたね。 やはり1年間お笑いを見ていただけあって、それぞれの芸人に思い入れがあった今回のM-1グランプリでした。   各紙の報道はこちら(朝日新

M-1グランプリ2005勝手に総評

いやぁ。見ていた私もドキドキしてしまいました。今年のM-1グランプリブラックマヨネーズが優勝したときは涙が出ましたね。 やはり1年間お笑いを見ていただけあって、それぞれの芸人に思い入れがあった今回のM-1グランプリでした。   各紙の報道はこちら(朝日新

ブラマヨ1000万のクリスマスプレゼントGET

今年の漫才Mー1はブラマヨことブラックマヨネーズが 麒麟・笑い飯を抑え初決勝進出で見事に優勝した

ブラマヨ1000万のクリスマスプレゼントGET

今年の漫才Mー1はブラマヨことブラックマヨネーズが 麒麟・笑い飯を抑え初決勝進出で見事に優勝した

M−1にみる【笑い】の素晴らしさ!ブラマヨに感動!

南海キャンディーズ惨敗…結婚ならず M―1グランプリ 優勝はブラックマヨネーズ今年のM−1は熱かった! そして感動した! ほんの数分のネタ(漫才)で、雌雄を決するガチンコを制したのは、ブラックマヨネーズであった。 あくまでも、個人的主観で(偉そうに)

M−1にみる【笑い】の素晴らしさ!ブラマヨに感動!

南海キャンディーズ惨敗…結婚ならず M―1グランプリ 優勝はブラックマヨネーズ今年のM−1は熱かった! そして感動した! ほんの数分のネタ(漫才)で、雌雄を決するガチンコを制したのは、ブラックマヨネーズであった。 あくまでも、個人的主観で(偉そうに)

M-1グランプリ2005優勝はブラックマヨネーズ!

M-1グランプリ2005の決勝戦が今日テレビで生放送され、 優勝はブラックマヨ

M-1グランプリ2005優勝はブラックマヨネーズ!

M-1グランプリ2005の決勝戦が今日テレビで生放送され、 優勝はブラックマヨ

優勝への道は、迷わねーず

M−1番組開始には間に合わなかったが、ネタ開始にはどうにか間に合った。 寸評はネタ以降最初のCMから書き始めて、番組終了と同時くらいに1本目がようやく終わった。 笑い飯 冒頭で「どーもー、優勝候補でーす」がなかったぶん、彼らの本気度を感じた。  「最

優勝への道は、迷わねーず

M−1番組開始には間に合わなかったが、ネタ開始にはどうにか間に合った。 寸評はネタ以降最初のCMから書き始めて、番組終了と同時くらいに1本目がようやく終わった。 笑い飯 冒頭で「どーもー、優勝候補でーす」がなかったぶん、彼らの本気度を感じた。  「最

M-1グランプリ2005 さらりとレビュー

 今年のM-1はクリスマスに開催でしたね。普通に見たけど。 たいした容量はないけど、結果わかってもいい人だけ見てね。 あと、特に専門家でもないし、勝手に個人の感覚で言ってるだけなんで、 その辺ご了承の上ご覧下さい。 まぁそんなこんなで、適当におさら

M-1グランプリ2005 さらりとレビュー

 今年のM-1はクリスマスに開催でしたね。普通に見たけど。 たいした容量はないけど、結果わかってもいい人だけ見てね。 あと、特に専門家でもないし、勝手に個人の感覚で言ってるだけなんで、 その辺ご了承の上ご覧下さい。 まぁそんなこんなで、適当におさら

チュートリアルM-1グランプリ優勝!

圧巻の強さでチュートリアルが優勝しました!!チュートリアルは、徳井義実と福田充徳によるお笑いコンビ。吉本興業大阪本部所属。1998年3月結成だす徳井義実(とくいよしみ)ボケ担当。立ち位置は向かって左。 福田充徳(ふくだみつのり)ツッコミ担当。立ち位...

チュートリアルM-1グランプリ優勝!

圧巻の強さでチュートリアルが優勝しました!!チュートリアルは、徳井義実と福田充徳によるお笑いコンビ。吉本興業大阪本部所属。1998年3月結成だす徳井義実(とくいよしみ)ボケ担当。立ち位置は向かって左。 福田充徳(ふくだみつのり)ツッコミ担当。立ち位...

top▲