Honeyholic

甘いブログ名とは裏腹な何気ない日常と
よきものたちの紹介


2017:October

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 << >>

2006.12.25 Monday

 スポンサーサイト 

一定期間更新がないため広告を表示しています

2006.04.03 Monday

 イヴァリースに旅立ちたい 

引越ししてからイヴァリースの地を踏んでません。
早いところテレビの線をつないで
イヴァリース復活を試みたいと思います。

あと1ヶ月もしないうちにMOTHER3出るのにー!!

2006.03.09 Thursday

 ポーション 

20060309_143003.jpg
とりあえず買ってみました(笑)

まずは匂いを嗅いでみることに。

なんか変な匂いがする。

薬というか漢方というか…
裏を見てみると何種類ものハーブが入ってましたので
その匂いだと思われます。

とりあえず飲んでみることに。

決しておいしいと言えないけどまずいとも言えない
なんとも奇妙な味でした。
薬っぽいのにどこか甘い。


総評
飲料としてはものすごくビミョーな味でしたが
「ポーションである」と考えると
なかなかのものではないかと思います。
ポーションとは回復力小の体力回復アイテムです。
良薬口に苦しとはよくいったもので
体にいいものは基本的においしいものがない。
それをここまで飲みやすくしたのは
あっぱれだと思います。
ポーションは最も一般的な回復薬であり
一般庶民にも普及していると考えると
おいしくはないが極力飲みやすくしてはある
このあたりの味はポーションとしてぴったりなのかもしれません。

2006.02.11 Saturday

 final fantasy tactics advance 

ファイナルファンタジー タクティクス アドバンス
ファイナルファンタジー タクティクス アドバンス

ついにクリアしました!!
発売日を調べてみたら2003年2月14日だったので
3年越しのクリアとなります。
3年も経ってることに驚愕…。

前作のタクティクスが秀逸だったので
FFTAにもかなり期待をしていたのですが
良作ではあるけど印象に残らない作品でした。
いいのはいいんですけどねぇ…って感じです。

コンプリート系やりこむのが好きな人にはいい感じです。
ジョブシステム(マスターすると頭に星がつく)や
クエストシステム(ひとつのイベントがクエストになってて
大小合わせて300クエストあります)がありますから。
クエストには時々ニヤリとするような
往年のFFネタが出てきたりします。

同時に、メインクエストだけ拾っていけば
それほどイベント量は多くないので
やりこみ系には興味がない人でも大丈夫です。

ただ、重さがない。
敵対している相手の美学がない。
つーか、子供のわがままだからなぁ…。
そのへん前作は重厚でよかったんですがね。

あと、固定キャラが主人公ともう1匹しかいないので
愛着がわかないというのもあります。
前作は終盤までいくと固定キャラだけで
パーティーが組めたのですが
今回は自分の育てたキャラを最後まで使いっぱなしです。
自分で育てたキャラといっても
育ててないキャラと姿形は全く一緒なので
全然愛着わきませんでした。

文句も言ってきましたが、基本的にはいいゲームです。
話題のゲームもやりたいゲームもないときに
やってみるといいかもしれないゲームです。

2006.01.20 Friday

 逆転裁判4 

逆転裁判42006年度発売ですって。
(蘇える〜のサイトですが、成歩堂君の指の下にリンクがあります)

2006「年度」って…
2007年1〜3月の可能性もありってこと?

サイトから登場人物のデザインが見れますが、
やっぱり今までの逆裁のキャラが立ちすぎてるからか、
いまいちキャラ立ち感が足りない気がします。

なんらかの形で成歩堂くんや御剣検事の登場希望〜!

2005.12.02 Friday

 Final Fantasy 4 & 12 

final fantasy 4の発売日が12月15日発売だと知って
ショックを受けております。
卒論まっただなかでしばらく手が出せません。
卒論出したらやります。
むしろ出したその足で買いに行きますよ。
(事前に買っておくと我慢できないかもしれないから)

final fantasy 12も3月16日に出るから
FFラッシュですよ、本当に。
final fantasy 12の音楽は崎元仁氏ということで
植松伸夫氏ではないとのこと。
公式サイトに3曲ほどアップされていたので
どんな感じの曲を作るのか試聴してみたら
オーケストラの演奏で荘厳と言う言葉がぴったりな曲で
FFタクティクスっぽくてFFT好きな私は
「この人なら大丈夫だ」と安心していたら
この崎元仁氏、FFTの音楽を担当された方本人でした。

FF12はなんといってもコラボ企画が目を引きます。
1つ目はサントリーとのコラボでポーション発売!
リンク先にボトルのサンプル画像がありますが
正直、イロモノなのはわかってますが
飲みたいと思ってしまいました(笑
まずくってもいいです!ポーションですから。

2つ目は葉加瀬太郎とのコラボ。
なにやらメインテーマを作曲、アレンジするらしいですよ。
そしてもちろんバイオリンの演奏もされるみたいです。
メインテーマということは8のeyes on meのような
位置づけになるのでしょうか?

ゲームというカテゴリーを越えて
FFが広がっているのを喜ぶべきなのか
ゲーム単発で注目を集められないほどのものなのかと
悲しむべきかは迷うところですが
このコラボはあざといながらも
どちらもおもしろいなと好意的に受け止めましたよ。

2005.11.07 Monday

 MOTHER3フォーーーーーーーーーー!! 

MOTHER3公式発表ですって!!
http://www.shirase.co.jp/sugi1.htm

以下Yahoo!ニュース引用

任天堂「MOTHER3」公式発表――2006年春発売、価格は4800円(+D Games)


(C)2005 Nintendo 写真:ITmedia

 任天堂は公式サイトにて、
1989年にファミコン用ソフトとして発売された「MOTHER」、
1994年にスーパーファミコン用ソフトとして
発売された「MOTHER2 〜ギーグの逆襲〜」の続編として
開発されているゲームボーイアドバンス用ソフト「MOTHER3」の
発売時期を2006年春と発表。価格は4800円(税込)。

 「MOTHER3」は、前作「MOTHER2 〜ギーグの逆襲〜」の発売後、
すぐさま開発が発表されていたが、すぐさま開発中止となったもので、
2003年に前言を撤回し、開発再開が宣言されていた。
発売日等についてはすでに11月4日、
糸井重里氏が発行している「ほぼ日刊イトイ新聞」の日記内で
公表されており、それを受けての任天堂からの公式発表となったようだ。
--------------------------------------------------------------------
やばい、絶対買うし!!
その前にMOTHER1+2クリアしなきゃだわ。

2005.06.25 Saturday

 『ICO』 

ICO PlayStation2 the Best
ICO PlayStation2 the Best

えーと、誰か私をグーで殴ってください。

冒頭からMっ気全開で始まってごめんなさい。

就活終わってないのにゲームなんか買っちゃいましたから…!!
誰かに「バカヤロー!」って言ってもらいたい気分…。

というわけで、『ICO』買っちゃいました。
ヨドバシカメラで今1500円くらいで売ってました。
ポイント使ったら250円くらいで買えました。
250円って、プリングルスも買えないのに…!!

このゲームはまず目的がいいよね。
角が生えてる男の子が生贄になるために城に閉じ込められたところ
檻に閉じ込められている女の子を発見。
その女の子を助けて、なりゆきで一緒に城から脱出!
言葉もお互い通じないのに…!
2人が手をつないでがんばるんですよ。
手つないだ瞬間アナログオンだとブルっとくるわけですよ。

そして女の子がまたかわいいんですよ。
白くて細くて、もう儚いのなんのって。
で、主人公が走ると一生懸命彼女も走るんですよ。
健気なんですよ、これが!
はしごなんかも一段一段がんばってのぼるんですよ。

このゲームはあれですね。
マザー2と何か同じものを感じますね。
特別に派手なムービーとかがあるわけでもないけど
心に残るゲームと言う感じです。

このICO、宮部みゆき先生が小説化してるんですけど
そっちもゲームクリアしたらぜひ読んでみたいです。